2016年05月アーカイブ|社長ブログ|三信建物株式会社

ブログ
わが社のビアガーデン 2016 年 05 月 20 日

5月中旬のある快晴の夕刻、弊社本店に「屋上ビアガーデン」をオープンして、社員とゲストの親睦会を開きました。この屋上には、ソーラーパネル200枚50kwの渋谷区最大の太陽光発電所「表参道発電所」があります。ここで発電した電力を貯める5kwの大型リチウムイオン・バッテリーを屋上に持ち込み、夜の帷がおりた後に備えました。LEDを使いますと屋上全体の照明をまかなうのに、これで十分です。

午後5時に開宴しました。日差しはかなり厳しく、女性社員の中にはパラソルを開いた人もいるくらいです。わが社の顧問(公認会計士)の乾杯の挨拶でスタートしました。背景には新宿のモニュメントビルのいくつかが見えています。景色を堪能しながらのパーティスタートです。

 

下の写真の奥には、生ビールのサーバーがありますが、扱いに慣れるまでにビールを大分、無駄にしました。写真中央の女性は社内取締役です。

写真前方のテーブルでは、当社の社外取締役と顧問がビールとワインを前に何やら話し合をしています。

やがて、ゲストが到着しました。写真右側は、ゲストの数学者(大学教授)   左側は当社社外取締役(弁護士)です。

下の写真の右側は精神科医(大学教授)と弊社の社長(左側)です。LED照明が既についています。背後のビルは表参道沿いの銀行です。

社員たちは、食欲を満たしています。10㍑の生ビールのサーバーはまたたく間に空になりましたが、飲み物と食べ物は豊富に用意しました。後ろを向いた社員は、新宿方向にカメラを向けています。

下の写真の左側は若くてハンサムな当社の社外取締役(公認会計士)です。

空には飛行船も現われて、わが社のビアパーティを観察しているようです。

やがて、太陽はビルの谷間に沈もうとして、西の空は、茜色に萌黄色を溶かした微妙な色調に変わり、うっすらと丹沢山魂の山なみがシルエットで現れました。

夜になりました。太陽光発電の恩恵がもたらした照明のもとで、語らいは続きました。この写真は当社のシニアのテーブルですが、精神科医と弁護士が哲学論議をしています。そのわきで、位相幾何学の「結び目論」を研究している数学者が、両者を何とか結び合わせようとしています。

一方、ジュニアのテーブルでは、それぞれが飲み、かつ食べています。

 若者3人組は、ビールの最後の一滴まで飲みほそうと元気です。

初めての試みでしたが、わが社のビアガーデンは好評で、これからも折にふれて続けていきたいと思っています。

プライバシーポリシー  > サイト利用規約 > サイトマップ >