アフター5表参道 ほろ酔いシンポジア|オフィシャルブログ|三信建物株式会社

アフター5表参道 ほろ酔いシンポジア
アフター5 表参道ほろ酔いシンポジア シーズン4特別編「オペラ『愛の妙薬』」をYouTubeにアップしました! 2019 年 07 月 12 日

6月21日に開催し、大盛況で幕を下ろしたアフター5 表参道ほろ酔いシンポジアに特別出演していただいた藤原歌劇団の「オペラ『愛の妙薬』」から5曲のアリアの演奏をYouTubeにアップしました。

出演者は、シンポジアシーズン3第2回「オペラの魅力を語る~オペラ『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』(ヴェルディ作曲)より演奏を交えて~」にもご出演していただきました、藤原歌劇団の折江忠道さん(総監督・バリトン歌手)を筆頭に、光岡暁恵さん(ソプラノ歌手)、中井亮一さん(テノール歌手)、瀧田亮子さん(ピアニスト)です。

演奏前に折江さんによる『愛の妙薬』の解説がございますので、オペラや『愛の妙薬』が初めてという方でもお楽しみいただける内容となっております。

ぜひご視聴くださいませ。

同日講演の「願望力―プラシーボ効果」は、近日中にYouTubeにアップさせていただく予定です。

特別編「オペラ『愛の妙薬』」


アフター5表参道 ほろ酔いシンポジア
アフター5 表参道ほろ酔いシンポジア シーズン4第1・2回をYouTubeにアップしました! 2019 年 07 月 01 日

4月26日と5月24日に開催し、大盛況で幕を下ろしたアフター5 表参道ほろ酔いシンポジア シーズン4第1回「解離症とは何か」、第2回「解離・トラウマ・極限状況」の動画をYouTubeにアップしました。

東京女子大学教授で精神科医でもある柴山雅俊先生が「解離」をテーマに、ユーモアを交えながら熱く語っております。

解離症という言葉を聞いたことがあるけれどよく知らないな、という方も、そもそも解離って聞き覚えがないという方も、皆さま楽しめる講演となっております。ぜひご視聴くださいませ。

第1回「解離症とは何か」

第2回「解離・トラウマ・極限状況」

アフター5表参道 ほろ酔いシンポジア
「アフター5表参道ほろ酔いシンポジア シーズン4第3回」開催のお知らせ 2019 年 06 月 11 日

 現在、開催中の「アフター5表参道ほろ酔いシンポジア シーズン4」につきまして、第3回開催のご案内です。

 第3回は、広瀬弘忠講師の講演と共に、藤原歌劇団によるオペラ「愛の妙薬」からアリアを数曲披露していただくことになりました。アカデミックなプラシーボのお話と、スペインの村人達がくりひろげる喜劇的オペラ「愛の妙薬」。どの様なコラボレーションとなりますでしょうか。

 お日にちが近づいていますが、ぜひご参加お待ちしております。

 開催概要は以下の通りです。

------------------------------

【講演日時・内容】

 第3回 2019年6月21日(金) 17:30~19:30(受付開始時間:17:00~)

 「願望力-プラシーボ効果」 講師:広瀬 弘忠(東京女子大学名誉教授)

 オペラ「愛の妙薬」

 藤原歌劇団より 折江 忠道(藤原歌劇団総監督、バリトン歌手)

         光岡 暁恵(ソプラノ歌手)

         中井 亮一(テノール歌手)

         瀧田 亮子(ピアニスト)

【入場料】

 無料

【会場】

 東京都渋谷区神宮前4-3-15 東京セントラル表参道215号室(レンタルスペース)

<東京メトロでお越しの場合>

 表参道駅A2出口より徒歩2分、明治神宮前駅より徒歩5分

<JRでお越しの場合>

 原宿駅より徒歩11分

【お申し込み方法】

 参加をご希望の方は、

 ①    氏名 ※複数人ご参加の場合、参加希望者全員の氏名が必要です※

 ②    お電話番号

 ③    メールアドレス

 ④    ご希望の講演名

 ⑤    講演を知ったきっかけ(新聞、ポスター、HP、チラシ、紹介等)

 以上5点を、メールまたはお電話にてご連絡ください。

【お申し込み・お問い合わせ先】

 アフター5表参道ほろ酔いシンポジア事務局(阿部・齋藤・中澤・原・姫野)

 お電話:03-3401-0357

 メールアドレス:soumu2@sanshin-tatemono.co.jp

------------------------------

講演の定員は50名となっております。

お申し込みは随時受け付けております。

皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

 

アフター5表参道 ほろ酔いシンポジア
「アフター5 表参道ほろ酔いシンポジア シーズン4」開催のお知らせ 2019 年 04 月 16 日

4月26日(金)より、当社の恒例イベントとなりました「アフター5 表参道ほろ酔いシンポジア シーズン4」を開催致します。

さらなるバージョンアップをめざしておりますので、ご期待いただきたいと存じます。

概要は以下の通りです。

 

-------------------------------------------------------------------------------

 

【講演日時・内容】

第1回 2019年4月26日(金) 17:30~19:00(受付開始時間17:00~)

「解離症とは何か」 講師:柴山 雅俊(東京女子大学教授)

 

第2回 2019年5月24日(金) 17:30~19:00(受付開始時間17:00~)

「解離・トラウマ・極限状況」 講師:柴山 雅俊(東京女子大学教授)

 

第3回 2019年6月21日(金) 17:30~19:00(受付開始時間17:00~)

「願望力―プラシーボ効果」 講師:広瀬 弘忠(東京女子大学名誉教授)

 

第4回 2019年7月26日(金) 17:30~19:00(受付開始時間17:00~)

「リスクに魅せられた人たち」 講師:広瀬 弘忠(東京女子大学名誉教授)

 

【入場料】

無料

 

【会場】

東京都渋谷区神宮前4-3-15 東京セントラル表参道215号室(レンタルスペース)

 

〈東京メトロでお越しの場合〉

表参道駅A2出口より徒歩2分、明治神宮前駅より徒歩5分

 

〈JRでお越しの場合〉

原宿駅 徒歩11分

 

【お申込み方法】

参加ご希望の方は、

①氏名 ※複数名の場合、参加者様全員の氏名が必要です。

②お電話番号

③メールアドレス

④ご希望の講座名

⑤講演を知ったきっかけ(新聞、ポスター、チラシ、HP、紹介等)

をご連絡くださいませ。

 

【お申込み・お問い合わせ先】

三信建物株式会社 アフター5 表参道ほろ酔いシンポジア事務局(担当:阿部・齊藤・中澤・原)

お電話:03-3401-0357

メール:soumu2@sanshin-tatemono.co.jp

 

------------------------------------------------------------------------------

 

今回もこれまでと同様、各回定員50名です。

お申込みは随時受け付けております。

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

シンポジアシーズン4 イントロダクション動画はこちら↓

https://youtu.be/Y0o_a1N2Su0

アフター5表参道 ほろ酔いシンポジア
アフター5 表参道ほろ酔いシンポジア シーズン3 第3回 西ヶ廣渉さん「シェイクスピアの証言と遺書~歯なし目なし味なし何もなし」 2018 年 11 月 15 日

西ヶ廣さんは、一橋大学卒業後外務省に入省。オックスフォード大学哲学政治経済学部を卒業し、イギリス特命全権公使、リビア大使、ルクセンブルク大使を務めながら、シェイクスピアの研究を精力的に行っています。また、結城雅秀の名前で演劇批評を行う一方で、シェイクスピア翻訳の第一人者という大「越堺」を行っている方です。

シェイクスピアという謎の多い作家の実像に迫る興味深い話をワイン・ビールを飲みながら満喫しました。スクリーン上にあるのはシェイクスピア像です。

生前のシェイクスピアの肖像画はほとんど残っていませんが、次の絵はその貴重な1枚だということです。

 

シェイクスピアは居所を点々と変えていますが、西ヶ廣さんは古地図の上で、シェイクスピアの間借り先を次々とたどって、最後に買い入れた終の棲家に至ります。

 

シェイクスピアの全作品を分類して整理したのが次のスライドです。中にはシェイクスピアが一部分を書き、残りを別の人物が書いたものや、シェイクスピアの真作かどうかがわからないものなどもある。と西ヶ廣さんは言います。

 

シェイクスピアの思想は「お気に召すまま」の登場人物の一人ジェークゥイズのセリフ「歯なし目なし味なし何もなし」に表れていると西ヶ廣さんは言います。

 

西ヶ廣さんは、シェイクスピアは仏教徒であったと考えているようです。シェイクスピアの隠された姿をアルコールを楽しみながら興味深く聞き、その後の質疑応答も味い深いものでした。

西ヶ廣さんが最後に語ったのがシェイクスピアの遺書です。これは遺書のコピーです。3枚に渡る遺書で各頁にシェイクスピアの署名があります。

 

シンポジアの様子につきましては、下記のURLからYOUTUBEにアクセスしていただければ幸です。

 

https://youtu.be/P1igiKwWbwA

プライバシーポリシー  > サイト利用規約 > サイトマップ >