2018年05月アーカイブ|オフィシャルブログ|三信建物株式会社

三信建物株式会社
三信NEWS 2018年5月10号 2018 年 05 月 14 日

ゴールデンウィークが終わり、天候が安定しない日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

三信建物社員は来たる5月18日(金)のアフター5表参道ほろ酔いシンポジア シーズン2第2回「憲法改正の意義と限界」の開催に向けて着々と準備を進めております。

元日本弁護士連合会副会長で憲法問題の権威でもある弁護士・江藤洋一先生による第2回シンポジアが開催されますが、その前に第1回「カントとAI」のおさらいができます。三信NEWS 2018年5月10日号を発行致しました。

今話題となっているAIを、哲学の観点から考察していく内容となっています。是非YouTubeをご視聴下さい。

第1回の講演は下記URLから視聴して頂けます。

 

第1回「カントとAI」

https://youtu.be/si_B0NiIhgs

 

アフター5表参道 ほろ酔いシンポジア
「アフター5表参道ほろ酔シンポジウム―シーズン2」第1回 2018 年 05 月 01 日

「アフター5表参道ほろ酔シンポジウム―シーズン2」の第1回黒崎政男東京女子大学教授による「カントとAI」が4月20日(金)の午後5時30分から当社の会場で開催されました。

まず、当社社長と黒崎教授の缶ビールの乾杯から始まりました。

大勢の参加者は黒崎教授の興味深い話に引き込まれていきます。

テーマは3つです。

(1) カントの「純粋理性批判」の基本的世界観

(2)AIの「思考」とビッグデータ的「思考」

(おまけ)AIには何ができないか?

 

カント的な考え方として

時間と空間は人間の直観形式である

因果律は世界そのもののあり方ではなく、人間が世界を見る見方であるという話しに刺激を受けました。

 

例として「木は緑である」というのは本当か?という問に、イヌにとっては灰色かもしれないし、それは受け取る側の人間の感覚器官の特性によるもので、モノ自体とは別物だということです。

そして最後に「AIに何ができないか」というテーマではAIが出来るのはcomputation(計算)のみであり、思考が出来ない、これからAIがどのような技量を備えるかは不明だが、その点は不変なのではないか、という結論で終りました。

詳しくはYoutubeでご覧いただけます。

https://youtu.be/si_B0NiIhgs

 

プライバシーポリシー  > サイト利用規約 > サイトマップ >