2018年06月アーカイブ|オフィシャルブログ|三信建物株式会社

アフター5表参道 ほろ酔いシンポジア
アフター5表参道ほろ酔いシンポジア シーズン2第3回「ヘミングウェイ:人と文学」をYouTubeへアップしました! 2018 年 06 月 28 日

6月15日に三信建物株式会社の東京セントラル表参道で、アフター5表参道ほろ酔いシンポジア シーズン2第3回「ヘミングウェイ:人と文学」が開催され、大勢の参加者で賑わいました。講演の様子をYouTubeへアップしましたので、ぜひご覧ください。

20世紀の文学と人々のライフスタイルに多大な影響を与えたとされる作家・ヘミングウェイの生涯と作品について、東京女子大学名誉教授で日本ヘミングウェイ協会の顧問でもある今村楯夫先生が写真や映像を交えて解説します。

作家に抱きがちな「青白きインテリ」のイメージを打ち砕き、行動派作家ヘミングウェイの波乱万丈な人生に迫ります。

『誰がために鐘は鳴る』『武器よさらば』『老人と海』などの数々の名作がいかにして生み出されたのか、その時のヘミングウェイの気持ちに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

↓下記URLから視聴して頂けます

https://youtu.be/nI9MqIJwKgE

 

 

↓下記URLから視聴して頂けます

https://youtu.be/nI9MqIJwKgE

アフター5表参道 ほろ酔いシンポジア
「アフター5表参道ほろ酔いシンポジア―『ヘミングウェイ―人と文学』」を開催 2018 年 06 月 22 日

「アフター5表参道ほろ酔いシンポジア」シーズン2第3回「ヘミングウェイ―人と文学」が6月15日(金)17時半から当社ビルの会場で開催されました。会場はあふれんばかりの大盛況でした。ヘミングウェイの愛読者と、講演者である今村楯夫東京女子大学名誉教授のファンの人々の笑いと熱気が会場に溢れていました。

 

まずは弊社社長の広瀬からのご挨拶のあと、今村さんのご挨拶、そして缶ビールで乾杯からスタートしました。

 

 ヘミングウェイは、その幼少期、女の子のように育てられたこと、少年期には、毎年夏になると父親の別荘で魚つりに興じたこと、両親の家を出てからは新聞記者などをしながら世界各地を放浪し、「誰がために鐘はなる」「武器よさらば」「老人と海」など、きわめて研ぎ澄まされた文体の小説を書いたことなどを聴き手は興味深いエピソードをビールとともに飲み込みました。

最後に、ヘミングウェイは父親と同じように銃で自殺を図ったことなどが紹介されました。

会場からの質問は多岐にわたりましたが、講演者の今村さんはユーモアを交えて丁寧に説明してくれました。

アフター5のあとには、有志で場所を変え、今村さんを囲んでアフター8を開きました。こちらも談論風発で、時間を忘れて大いに会話を楽しみました。

近々、今村さんのお話しはYoutubeにアップいたしますので、ぜひご覧いただきたいと存じます。

 

三信建物株式会社
当社が後援する東京女子大学ビジネス・プランニング・コンテストの表彰式が行われました 2018 年 06 月 08 日

当社が後援をする東京女子大学ビジネス・プランニング・コンテストの表彰式が、4月末に、東京女子大学100周年記念事業の一環として行われました。

ビジネスモデルを評価する起業部門では、イベント会場での託児サービスを手掛けている女性のグループと、女子大学生と中小企業をつなぐ就活支援アプリを考案した女子大学生グループが大賞を受賞。

事業計画の斬新さを競うアイデア部門では、秋田県産の天甲豆を使ったチョコレートのビジネスモデルを提案した女子高校生のグループと、学校での授業を評価するアプリを提案した女子高校生のグループ、登山後の「お楽しみ」情報を集めるアプリを考えた女子大学生グループが受賞しました。

 

当日は表彰状、目録および賞品の授与そして受賞者のスピーチが行われました。公開プレゼンテーションに負けずとも劣らない素晴らしいスピーチに、会場からは惜しみない拍手が送られました。

今回のBPCは、高校生、大学生からの提案が多く、審査員である新規事業のエキスパートも認めるユニークさが目立ちました。

惜しくも、入賞されなかった方にとっても将来に向けての素晴らしい実践の場となりました。これで終わりでなく、ここから始まりの気持ちでこれからも新しいことにチャレンジして欲しいと思います。

当社では今後も女性の起業を支援いたします。

プライバシーポリシー  > サイト利用規約 > サイトマップ >