2018年08月アーカイブ|オフィシャルブログ|三信建物株式会社

三信建物株式会社
三信建物株式会社、当社の取り組みがフジサンケイビジネスアイに掲載されました。 2018 年 08 月 27 日

三信建物株式会社は、女性が社会でより一層活躍できるよう、2017年度より4年間にわたり、東京女子大学に「女性の起業」と題する寄附講座を開設しております。

こちらの取り組みが「8月22日(水)フジサンケイビジネスアイ」に掲載されましたのでご紹介いたします。

紙面だけでなく、インターネットからでもご覧いただけます。https://www.sankeibiz.jp/business/news/180822/bsl1808220500004-n1.htm

 

三信建物株式会社

アフター5表参道 ほろ酔いシンポジア
アフター5 表参道ほろ酔いシンポジア 講師:岡田広行(東洋経済新報社記者) 2018 年 08 月 09 日

アフター5 表参道ほろ酔いシンポジア 講師:岡田広行(東洋経済新報社記者)

「脱炭素化で変貌するエネルギー産業」

現代の世界エネルギー事情と、周回遅れで遅々として進まない日本の脱炭素化シフトを、東洋経済新報の気鋭の経済記者岡田広行氏が、7月27日(金)に行われた「アフター5 表参道ほろ酔いシンポジア」で縦横に論じた。

日本は、世界の先進諸国が再生可能エネルギーの利用によって温室効果ガスCO₂の削減に向けて厳しい競争下で努力している現実を前にして、依然として化石燃料に頼り、安全が担保されず、将来に厖大なコストが想定される原発をベースロード電源化しようとしている。岡田氏は、この不条理の構造をていねいに説明しようとしている。

再生可能エネルギーの効率的利用を進めているヨーロッパや中国、アメリカなどの国々に比べて、技術開発の点でも、積極的導入の姿勢においても、全く見劣りするこの日本の現状を何とかしなければ、エネルギー利用の後進国になってしまうと岡田氏は考えているようだ。詳しくは、下記のURLから実際の講演をご覧いただきたい。

 

https://youtu.be/7EjVZuf_gWY

 

三信建物株式会社
建物の案内の感想 2018 年 08 月 09 日

みな様、こんにちは。三信建物株式会社のインターンシップ生のM.F.と申します。アメリカ人ですが、今自然な景色が豊富な山形県から参り、四日間ほど三信株式会社に勤めさせていただきました。本日、当社の四つの建物を回って、駐車場の管理から太陽発電までビルの説明をいただきました。その案内の感想を述べさせていただきたいと思います。

まずは三信建物株式会社の事務所がある東京セントラル表参道の案内をしていただきました。現在、修繕工事が行っておりますので、仮の足場のため、外観が見えにくいですが、美容院や素敵な小庭など、見えるところから、表参道のおしゃれな店に似合うと思っております。屋上で、太陽発電のソーラーパネルをみに行って、余剰電力の買い取りと全量買い取りの違いの説明をいただきました。表参道の発電されている電力は全量買い取られております。そのように、三信建物株式会社のエネルギーニーズより、渋谷区のニーズを援助していて、素晴らしい活動だと思っております。[1]

 

それから、散歩しながら、他の三つのビルの案内をしていただきました。渋谷三信ビルは金王八幡宮の神社がある静かな近所にあります。豆知識ですが、昔その神社のところで、渋谷城がありました。インターンシップの中で、台風や地震など、異常な自然現象がよく行っている現在、三信建物株式会社のテナントやテナントのお客さんのために、災害のハザードマップの実現可能性を調べております。この点で、四つの建物の中で、渋谷三信ビルは最も低い標高に位置されています。それに、150メートルぐらい離れていて、社長に教えていただいて、渋谷川という小さい川が流れています。そうですから、洪水の災害で渋谷三信の危険性が最も高いと予想できると思っております。

 

渋谷三信ビルの一方で、東京セントラル宮益坂上とテイルウィンド青山は比較的に高いところに位置されています。外面から、両方のビルが非常にかっこいいと思っております。テイルウィンド青山は風の中に飛んでいるようなハイテクの印象が残っております。

 


東京セントラル宮益坂上は変則的な形の窓から、ヒップホップの雰囲気があって、様々なファッションや音楽の会社にぴったり合うと思っております。

インターンシッ期間の中で、三日間だけ残っていますが、三信建物株式会社の素敵な建物の魅力を発見し続けることをお楽しみにしております。

 

M.F.

 

※1 余剰電力の買い取りと全量電力の買い取りの違いを理解するためにhttps://taiyoseikatsu.com/faq/faq044.htmlをご覧ください。

プライバシーポリシー  > サイト利用規約 > サイトマップ >